キャンペーンについて

下記画像は、XMアフィリエイトの管理画面のトップページに表示されているキャンペーンの欄です。

画像のデータはこの記事を書いている時点での僕のデータとなります(久しぶりに晒します)。

正直、今の使い方は賢い使い方と言えないのですが、基本的に僕は大雑把な性格なので、まぁいいかなと思っています(´・ω・`)

これからXMアフィリエイトを始める人や、今回の記事を読んで正しい使い方をしよう思った人に、キャンペーンの使い方を分かってくれれば良いかなと思っています。

ちなみに表示されているデータは「今月と先月」のサマリーだと思います。

マイ・トレーダーキャンペーン(ウェブアフィリエイト)

この夏は結構相場が動いていたにも関わらず、僕のウェブアフィリエイト収入は少なく終わってしまいました。

原因は定かではありませんが、アクティブトレーダーの人数はそれなりに動いているのに、報酬が上がってこない状況なので、大きいロットでトレードする人が居なかったのかなと読んでいます。

8月はある程度読みやすい値動きであったにも関わらず、大口トレーダーが入って来なかったので、純粋に破綻したのかな?と思っています。

画像は2018年の月間状況になりますが、多い月では100万以上のウェブアフィリエイト収入があるのですが、やはり8月は異常に少ないですよね(;´∀`)

9月はまだ途中なので、分かりませんが、今月もあまり期待できないかもしれません・・・

マイ・サブアフィリエイトキャンペーン(ビジネスイントロドューサー)

こちらはビジネスイントロドューサーの報酬になります。

ウェブアフィリエイトだけをしている人はこの欄に数字が入ってこないと思いますので、ビジネスイントロドューサーをしない人には関係ない項目です。

僕の場合、おかげさまで最近こちらの方が報酬額が多くなってきています。

キャンペーンのあるべき姿

そもそもキャンペーンとは、ウィキペディアによるとこういう意味だそうです。

企業、団体、あるいは歌手や芸能人などの個人が社会に対する宣伝活動を行うこと。
目的を持って一定の多数に働きかけること。または、その運動。

キャンペーン

あまり難しく考えても仕方ないので、この管理画面上で言うキャンペーンとは「企画」の単位だと思って下さい。

例えばブログAとブログBを持っていたとした場合で、それぞれのブログからの集客や報酬状況をキッチリ管理したい場合に使い分けるようなイメージです。

キャンペーンを分けることによって、発行されるアフィリエイトリンクが異なりますので、どのキャンペーンでどれだけの効果があったのかと言う数字が目に見えてきますので、管理や分析がしやすくなります。

もう少し詳しく使い分けたい人は、1つのブログ内でキャンペーンを使い分ける方法をもあります。

例えば、いつも書いているブログ記事用のキャンペーン、プレゼント企画用のキャンペーン、メルマガ企画用のキャンペーン、みたいに性質の違うレベル単位でキャンペーンで使い分けると、どの企画でどれだけの効果があったとかが分かり易くなります。

几帳面な人やデータ重視な人はき綺麗に使い分けるんでしょうね(´∀`)

と、ここまで読んで僕がどれくらい大雑把なのかというと、もう一度マイトレーダーキャンペーンの画像を見てもらえれば分かると思います。

「Default Lot リベート Trader Campaign 」と「xm」の二つしかありませんw

しかも「xm」は小文字だし、興味本位で作った物をそのまま使ってきたのです(;´∀`)

一応分析的には、「xm」の数字の方が多いのでこちらの広告をよく使っていることが分かりますが、僕の場合あまり意味がありません。

昔の名残で、いつも同じ所からアフィリエイトリンクをコピーしてくるので、僕は全く使い分けていませんw

いや、どちらかと言うと使い分けて管理したかったのですが、気がついた頃にはこんな状態になっていて、今更面倒くさいのですw