話の流れ的にXMアフィリエイトの項目が一番最後になっていますので、読み飛ばしたい方は目次をクリックして下さい。

リスクの定義

一般的にリスクという物は自分にとってマイナス要因になりかねない要素の事を言います。

簡単に言うと、お金が減る事や、資産価値が下がる可能性ですね。

FXや仮想通貨、株などの相場物で言えば、トレード自体損失を抱える可能性があるので、常にリスクとは隣り合わせですので、その収益はなかなか安定しないのが一般的です。

アフィリエイトにおけるリスク

先ほどの定義をベースに考えると、アフィリエイトで発生しうるリスクはと言うと・・・

人件費は支出要素ではありますが、自分一人で行うのであればそれほど気にもなりませんが、やり方によっては外注費などもありますので、一応人件費も加えて考えます。

  • 固定のサーバー費用
  • 人件費/外注費
  • 必要に応じて購入する勉強用教材
  • 電気代やら光熱費

ざっと思いつく限りでこれ位でしょうか。

固定のサーバー代は3,000円程度の話ですし、勉強教材も必要に応じて購入するだけなので、毎月かかるわけでもありませんね。

電気光熱費なんてのは、生きているだけでかかる物なので、数時間程度の作業をする人ならほとんど影響ありません。

アフィリエイト記事を外注していたとすれば、人件費として計上しますが、外注化はある程度知識が深まった状態で行わなければ効果が薄いでしょうから、リスク要因としてはそれほど影響ないのかなと思います。

なので、固定でかかるリスクとしてはサーバー代の3,000円位ですので、ほぼノーリスクで実践可能です。

アフィリエイトは自己投資に近い感覚

毎月固定でかかるサーバー代も、稼げていないうちは負担になりますが、稼ぎ出すとあっという間に回収できるようになります。

教材や書籍なども同じで、知識を得るために購入するので一時的にお金は減りますが、得た知識を元にアフィリエイトを展開していけるようになるので、やはり投資に近い考え方になります。

自分一人で作業をするにしても、アフィリエイト作業に費やす時間は膨大な時間になりますので、これをコストとして考えると、ある意味投資なのかなと。

作業を他の人にやってもらう場合なんかは、人件費としてお金が動きますので、完全に投資ですね。

投資という物は、その将来性にかけて投資するのであって、失敗の可能性も考慮しますが、リスクは限定しておくのが普通です。

これをアフィリエイトに置き換えて考えると、例えば1年頑張って結果が出なかったとき、支出が4万円程度になっているので辞めるとか。

辞めてしまえば全て水の泡になりますが・・・

アフィリエイトで得たい収入が月間100万円とした場合、年間4万円の支出程度でその収入を狙えるとしていたのなら、そもそも考え方が甘い。

投資的な考え方をすればローリスクハイリターン過ぎるw

と、アフィリエイトは投資に共通する部分が多いのです。

リスクを許容できるかできないか

初心者の人は、この3,000円のリスクについて色々と懸念があるようです。

もし、アフィリエイトが成功しなくて途中でやめたときに勿体ないと思って無料ブログで始めたりする人が多いです。

でも、僕から言わせると、初心者の人が無料で始めるのか、お金をかけてまでやろうとするのかで、その人の意気込み具合は、この時点である程度わかってしまうのですね。

始める前から失敗を恐れて、月額3,000円のリスクをケチる人は、大抵3ヶ月も続かないです。

失敗してもリスクゼロで出費もゼロだから、最初から真剣味に欠けているんですね(;´∀`)

まぁ、無料ブログでもやろうと思えばできますので、あまり無理強いは出来ませんが、長期的な目線で考えるのなら、確実にレンタルサーバーを使った方が良いです。

無料ブログにおけるリスク

僕が思うに、無料ブログでの所有権が運営会社にあることが最大のリスクだと考えているので、アフィリエイトをする場所として推奨できないんです。

今でもあるみたいですが、無意識に規約違反をおこなってしまい、その結果運営会社からブログが凍結削除されてしまう最悪の事態が普通に起こりえます。

所詮僕たちは個人ですし、相手は大企業ですので、争っても勝ち目がなく泣き寝入りするしかないでしょう。

どういうことかと言うとですね、無料ブログというものは運営会社が自社の利益になる広告を設置する変わりに、ブログスペースをユーザーに無償提供している所がほとんどなのです。

無料で使えるため多くの人が利用しやすく、広告が人の目に触れる回数が多くなり、それが運営会社の利益になります。

そして、自社の利益を守るために規約を設けてアフィリエイトを制限する運営会社も多数存在しますし、これはOKだけどあれはNGみたいな条件も様々です。

運営会社は、人気ブロガーが無料ブログを使うことで多くの広告収入を得れますので、多くのブロガーに使って欲しいのですね。

でも、自社の利益を妨げになるブログがあった場合、どうなると思いますか?

最初は警告から始まり、強制的な凍結という結果も、運営会社のさじ加減しだいで、そのブログの運命が左右されてしまいます。

もし、規約違反を犯していると知らずに1年間育ててきて収益化出来てきたブログを持っていたとしても、規約違反などが発覚した場合、ある日突然育ててきたブログが消えてしまうのです。

所有権は運営会社にあるので、何の文句も言えないのです。

アフィリエイトを行う上で、規約違反や、運営会社にデメリットを与えない絶対的な自信があるのであれば無料ブログをお使い下さい。

使ってはいけないキーワードもあるだろうし、無意識的な違反を犯すかも知れない。ある日突然規約が更新されるかも知れない。

そうでなくてもアフィリエイト広告に関しては敏感で、使いにくくて仕方ないのい育ててきたブログが勝手に消されるなんて、僕には耐えられません。

無意識的な違反なんて誰にでも起こりえる事なのに、今まで書いてきた記事が自分の意思でコントロールできないなんてなんて不便なんでしょう。

なので、僕は所有権を自分で持ちたいのです。

XMアフィリエイトにおけるリスク

長々と書いてしまいましたが、XMアフィリエイトにおいて考えられるリスクも概ね上記の通りです。

XMは海外のFX事業者ですので、そもそも話題自体がグレーゾーンなのかも知れません。

日本では適用されていないレバレッジでも、海外の業者なら問題ないとか、法的にうんたらかんたら。

現段階で、日本居住者が海外FX事業者を利用することは違法ではなく、利益を納税していれば法的にも問題ないらしいです。

でも、海外FX業者が日本国内で大々的に攻め込んでくることは法的に出来ないらしく、テレビや雑誌のCMで海外FXの広告を見たことがないと思うのは法的にアウトだかららしいです。

でも、インターネットの広告はOKという曖昧な線引きなので、この先日本の法律が僕たちにとって改悪されたときに、どうなるのか分からないので、一応リスクとして考えています。

考えられる中で最悪のリスクとなるケース

一応、僕の中で想定している最悪のケースシナリオもあるので、いい機会ですし書いておきます。

日本がレバレッジ規制を行った理由として、FXで失敗する人が多くなったことが原因です。

FXが自己責任とはいえ、失敗すると破産者が増えたりしますので、国としてもその状態を放置しておくわけにはいかないのでしょう。

また、2018年9月の時点で国内の個人レバレッジは25倍までと規制されていますが、この先10倍に規制される話もでています。

国内でレバレッジ規制をしてしまうと、レバレッジ規制がない海外業者を利用する人が増えるのは自然な流れだと思います。

特に、XMのような日本人になじみのある業者であり、日本の業者と遜色ないレベルの業者であれば、日本人がそこに流れていくのは明白です。

なので、僕たちはアフィリエイトしやすいのですが(`・ω・´)

と、ここまでは今時点の話です。

この先起こる可能性があるとすると、海外FX業者の利用規制です。

今の流れで考えると、FX利用者は海外業者へシフトしていきますので、レバレッジ10倍規制が実施されると、その数も増えることが予想できます。

このタイミングでFXを辞める人も多いでしょうが、続ける人の方が多いでしょう。

レバレッジ規制によりFXで失敗する母数自体は減るのでしょうが、レバレッジを効かせてトレード出来るような環境でFXをするので、破産する人はこの先も増えると思います。

ひょっとすると、今より増えるかも知れません。

そういう状況になると、日本がレバレッジ規制を始めた理由となる「失敗する人を減らす」考え方からすると何かしらの措置が必要になってくるでしょう。

日本居住者は海外FX業者を使ってはいけないというルールを作れば、破産者を減らすことが出来ます。

そもそも、日本からすると海外の業者を利用させるメリットがあまりないのですよね。

日本のFX事業者であれば、法人税を徴収できますので、日本にとってメリットとなりますが、海外の企業は日本にとって関係ありませんよね。

メリットしては、トレーダーの利益からの高額な納税くらいです。

でも、FXは負ける人の方が多いので、あまり大きな税収として考えていないかも知れません。

少ない税収に期待するよりも、破産者を減らした方が国益になるのであれば、そういう措置も十分考えられるのです。

僕はこれをXMアフィリエイトにおけるリスクとして考えています。

少なくとも、現段階では大丈夫なので、続けていますが、この先どうなるかなんて誰にも分からないのです。