Googleのペナルティ

ペナルティとは、Googleが定める品質ガイドラインに違反しているサイトに対して行われるGoogleの措置で、清く正しく求められる検索結果を返すための対応です。

ペナルティを受けたサイトは、検索順位の大幅な低下やインデックスの強制削除など、自分のページがウェブから排除されてしまう対応が強制的に行われますので、アフィリエイターにとってGoogleのペナルティは脅威です。

基本的にSEOで稼いでいるアフィリエイターはGoogleに依存したスタイルになるので、ペナルティを受けてしまうとSEOの恩恵を受けることが出来なくなり、稼ぎにくくなってしまうのです。

オリジナルコンテンツを作っている普通のブロガーであれば、それほどペナルティに対して意識することもありませんので、真面目に常識の範囲で運用している人にはあまり関係ない話です。

ペナルティの影響を受けやすいアフィリエイト

今まで稼げていたのに、 Googleのペナルティによって、ある日突然稼げなくなる話をよく耳にするこの世界ですが、改めて考えてみれば不安定な世界だなと思います。

一般的なアフィリエイト商品は売り切り品が多いので、そういう商品をアフィリエイトしている人にとって、ペナルティは死亡宣告と同じ意味を持ちます。

言ってみれば、検索結果に表示される記事は自分のお店の入り口なので、ペナルティを受けてしまうと検索結果からお店への入り口が無くなってしまう事になってしまいますので、開店休業状態となるわけです。

Googleからすると、ペナルティを与えるサイトがどれくらい稼いでいようと関係ない話なので、お構いなしに検索圏外へと飛ばしてくれます。

Googleによる検索結果の整備なのでペナルティを受けてしまう方が悪いのです(;´∀`)

ブラックハットSEO・その他グレー手法によるアフィリエイト

僕がアフィリエイトを始めた頃にはGoogleによってある程度整備された状態でしたが、それ以前はやりたい放題荒稼ぎしている人も多かったみたいです。

そういう人達が編み出した手法が販売され、後発組に受けつがれているので、今現在もブラックな手法を実践している人は居るようです。

サテライトブログを使って被リンクの自作自演をしている人もちらほら見かけますが、これも時間の問題だろうなと僕は思っています。

Googleが求める方法と違う方法で検索結果に表示されているサイトは、この先軒並み淘汰されていくと思いますので、今現在こういう手法を使っている人がGoogleのアルゴリズム変更に怯えたり、ペナルティに怯えたりしなくてはいけないのです。

ブラックな手法で短期間で検索上位に表示できてしまうと同時に、消えるのも早いと言うことになります。

間違ってもブラックな手法に手を出さないように。

XMアフィリエイトはペナルティ後も報酬が発生する

XMアフィリエイトの報酬システムとしては、ライフタイムコミッションが採用されていますので、既存顧客がその口座でトレードを続けてくれる限りロットリベートが発生し続けます。

なので、今現在アクティブトレーダーを抱えているXMパートナーはペナルティを受けたからと言って、すぐに報酬がなくなることはありません。

XMとの契約の話になるので、Googleのペナルティとは別次元の話なのです。

しかし、ペナルティによって検索結果から記事が消えてしまうので、新規開拓の面ではペナルティの影響をダイレクトに受けてしまいます。

もしペナルティを受けてしまった場合、修正で直ることも考えられますが、直す手間と投入している記事数のバランスで判断して、最悪ドメインから作り替えて心機一転出直した方が早いかも知れません。

ペナルティを受けるのは画像で言うところの「契約の繋がり」の部分だけです。

ペナルティを受けたからと威って「報酬の繋がり」が途絶えることはありませんので、その顧客のロットリベートは発生し続けます。

ペナルティを受けてしまう運営方法が問題

XMアフィリエイトはペナルティを受けても既存顧客からのロットリベートが発生するので、売りきりのアフィリエイト案件を扱うよりは報酬ゼロになる可能性が低いので、これは一応メリットになるのかなと。

しかし、ペナルティを受けてしまうこと自体が問題なので、やはりペナルティは受けない方が良いです。

ペナルティを回避するためにはGoogleを正しく理解する必要もありますし、それなりに勉強も必要になってきます。

ペナルティを受けてしまう原因としては色々とありますが、基本的にGoogleの品質ガイドラインに則って運用してればその可能性は極めて低いと言えます。

コピペや類似コンテンツ・著作権の問題など、この先もっとシビアになってくるでしょう。

FXジャンルに関して今後起こりえることとしては、破産者が続出したり支払いが滞ったりと社会問題に発展した場合、投資を煽るようなセールスをしているサイトは今後どうなるかは分かりません。

今のところ普通に運営していれば大丈夫かなと言う印象ですが、気は抜けない状態です。