攻略法なんて存在しない

この記事を読んでいると言うことは、XMアフィリエイトで稼ぐ方法を探している最中だと思います。

僕は、XMアフィリエイトで毎月150万円程度稼いでおりますが、その僕が出した結論としては、攻略法なんて物は存在しません。

攻略法なんてこの世に存在しているのであれば、世の中の全ての人が大金持ちになっています。

とは言え、僕は一定のルールを維持することでXMアフィリエイトから毎月お金を頂いていますので、方法が無いことはありません。

しかし、それは攻略法ではありません。

そもそも、アフィリエイトは人の心と向き合うビジネスです。

この部分を攻略するのなら、稼げる可能性はあるでしょうが、小手先のテクニックでどうにかなると思っている人は、XMアフィリエイトで稼ぐことは難しいかもしれません。

いや、XMアフィリエイトに限らず、こういう考え方をしてしまう人は、どの分野のアフィリエイトでも稼ぐことは難しいでしょう。

アフィリエイトはテクニックでどうにか出来るビジネスではなく、もっと人間の本質部分に訴えるビジネスだとお考えください。

強いて言うのなら、まずは人間についてよく知る事が最大の攻略法となるでしょう。

稼げる方法を知りたい気持ちは分かる

XMアフィリエイトで稼いでいる人はどうやって稼いでいるのか?
どんなことを書いて稼いでいるのか?

気になりますよね?

僕も当初はかなり人のブログを読んだ口ですし、裏技的な何かを探していましたので、痛いくらい気持ちは分かります(;´∀`)

まだ自分が知らない必勝法があるんじゃないのか?
もっと簡単に楽に稼げる方法が隠れているんじゃ無いのか?

こんなことを思ってしまうんですよね。

月にいくら稼いでいる人はどんな感じでブログを書いていて、10万円稼いでいる人と100万円稼いでいる人の記事は何が違うのか?

この辺まで気をつけて読んでいるのなら、あなたが稼ぐ日は近いでしょう。

XMアフィリエイトの攻略法はこのブログに沢山書いている

人のブログを読んで勉強することも大事ではありますが、読めば読むほど混乱したり、自分が何をすべきなのかが分からなくなったりし易くなります。

読むなら少数の特定の人のブログを続けて読む方が効率が良いのかもしれません。

少なくとも、僕のブログは稼ぐための考え方について書いているので僕のブログを隅々まで読んで貰えれば、あなたのヒントにはなるはずです。

XMアフィリエイト攻略法まとめ

僕のブログを隅々まで読むのもそれなりに時間がかかりますので、ポイントだけをここで紹介しておきます。

  • 書いたことを伝えたい人は誰なのかを理解する
  • 誰のために記事を書いているのかを理解する
  • 何のために記事を書いているのかを理解する

基本的にはコレだけです。

この3点をひたすら反復練習して記事を書いていくだけで、必ず成長できます。

相手のことを考えながら書くというシンプル構造です。

これらを継続的に続けるためには強いマインドが必要であったりするのですが、その辺は個別記事から僕の想いを汲み取って頂ければ幸いです。

では、この項目をXMアフィリエイトに置き換えて考えてみましょう。

書いたことを伝えたい人はだれなのか?

ターゲットを理解して記事を書いていますか?という話です。

XMアフィリエイトですので、相手は当然FXトレーダーです。

トレーダーの幅も広く色々なケースが考えられますので、下記の様な表を使ってターゲットを想定することが大事な戦略となるでしょう。

レベル職業年齢方法スタイル手法
未経験者サラリーマン20代裁量トレードスキャルピング逆張り系
初心者自営業30代システムトレードデイトレード順張り系
中級者主婦40代半自動トレードスイングトレードトラリピ系
上級者学生50代
無職60代
70代

この項目を組み合わすだけでも相当なケースになりますよね。
このケースをペルソナとして考えるだけでも十分戦略的に記事を書き手行くことが可能になります。

例えば、今日のドル円相場について自分の意見を書きたいと思っても、上記のペルソナに向けて書きたいことはいくらでもあるはずです。

しかし、現実的に全てのペルソナに同じネタで話をし続けるのは時間的にも厳しいのですが、一番得意なペルソナに、届けたいペルソナに向けて記事を書こうと思えば何記事でも書けると思うのです。

ペルソナについて詳しくない人はペルソナ関連の記事をご覧下さい。

誰のために記事を書いているのか?

記事は不特定多数の人に向けて書くよりも個人を想定して書いた方が効率的です。

不特定多数に向けて書いてしまうと、自分には関係ない記事として読まれてしまう可能性が高くなりますので、読み手の真剣味に欠けてしまいます。

真剣に読んで貰わないとセールスメッセージも届きにくいですから、個人を想定して書かなくてはいけません。

ペルソナが混ざってもダメで、そのペルソナに響く記事を書くようにしなくてはいけないのです。

分かりやすく例えるなら、あなたの友人AさんとBさんがいるとしましょう。

Aさんはコツコツ堅実派、Bさんはギャンブラー思考と、性格や考え方が根本的に違うタイプだとしてください。

ハイレバを使う場面で考えても、使い方や考え方も大きく違うはずです。

Aさんに向けて書いた記事ならAさんに響く可能性は高まりますが、Bさんには響きません。
それでいいんです。

同じようにBさん向けに書いた記事はBさんにだけ響けばいいので、Aさんには読んで貰わなくても良いのです

Aさんに読んで欲しいのなら、Aさんが理解できる内容と言葉で記事を表現します。
タイトルも使うキーワードもAさんが気にしそうなワードを使いますよね。

コレが基本的な記事の作り方になります。

この記事が、AさんとBさんの両方に向けて書いた記事なら、AさんにもBさんにも伝えたいことは届かないでしょう。

だって、Aさんは自分に関係あるかなと思ったけど、関係無い話だったと思ってしまい、Bさんにも同じように思ってしまうことが考えられるからです。

「二兎追うものは一兎をも得ず」ということわざがありますが、まさしくその通りです。

ですので、記事はペルソナ個人に向けて書いてあげてください。

ペルソナを想定せず書いた文章は抽象的であり汎用的な言い回しになってしまいますので、上手く書いたつもりでもよく分からない記事になっている可能性があります。

何のために記事を書いているのか?

記事に詰め込みたい想いは沢山あるでしょう。

あわよくば報酬につなげたいと思うのも自然な発想ですが、欲張ってはいけません。

先ほど、記事はペルソナ個人に向けて書くべきだと言いました。

この記事でもそうですが、書き手と読み手のコミュニケーション手段は文章になります。

文章だけで自分の想いを伝えたいのです。

文章で自分というキャラクターをしっかりと表現し、信頼関係が出来上がらないとセールスも成立しませんので、慌ててはダメです。

そのためには、自分が書きたいことばかりを好き勝手書いても上手くいかなくて、読者のことを想って文章を作らないと、自分の想いは伝わりません。

そういう風に意識して書いていても、文章だけでコミュニケーションを取るのはとても難しいのです。

自分がその記事で何を伝えたいのかを明確に理解して記事を書かないと、何が言いたいのかがよく分からない記事になってしまいます。

例えば、この記事で僕が想定しているターゲットはXMアフィリエイターです。
しかも、稼げていないXMアフィリエイターで稼ぎ方を日々模索している貪欲な未完成なアフィリエイターです。

年齢的には30~40代、妻子ありで生活があまり豊かでは無い、ギリギリの生活をしているサラリーマン世代です。

脳内で身近な人を想像しながら書いています。

おそらく世の中に一番多く存在するケースのペルソナです。

この記事はその人に響けば良いと思っています。

そして、この記事の主題である「XMアフィリエイトの稼ぎ方」について僕の考え方を理解して貰えれば最高ですね。

攻略法的な都合の良い物は存在していなくて、読み手のことをちゃんと想って記事を書くことが最善の策だと言うことを伝えたいと思って書いています。

たまに、コメントやメールを頂けるのですが、しっかり響いた人にはしっかりした内容のメールを頂けるので、そういうときは本当に嬉しく思います。

正解がないので答え合わせが出来ない

上記に書いた事は基本的な考え方であり、書き手の知識やスキルによって記事の内容が大きく変わります。

僕が書く内容と、あなたが書く内容では伝えたい想いも違うでしょうし、仕え方もボリュームも違うと思います。
それが個性と呼ばれる物ですので、個性溢れるオリジナリティな記事が出来上がれば良いと思うんです。

なので、書いた記事に正解はありません。

僕が書く記事だって正解かどうかは分からないのです。

正解を知る方法としては、アクセス数の増加であったり、報酬の発生金額であったり、正解とする基準一つとっても皆考え方が違うと思いますので、捉え方は様々です。

そして、すぐに答えを求めないことです。

1ヶ月記事を書き続けたからと言って、そんなに即効性のある世界ではありませんので、早く結果が出たとしても3ヶ月や半年後になることでしょう。

焦らずじっくり練習を積み重ねる意味合いでも、手を抜かず全力で取り組んでください。

今やっている作業、今日書いた記事がまともな武器となるのは半年後だと思って取り組んでください。

気長に真面目にじっくり腰を据えて続けられる人だけが生き残れる世界です。

そこには攻略法なんて物は存在していません。
コツコツこの記事に書いているようなことを積み重ねるだけなのです。

他に攻略法を探したい人は探し続けてください。

他の真面目な人はあなたがネットで宝探しをしている間も、真面目にコツコツスキルアップして、その差はドンドン広がるだけですが。