海外金融業者の弱み

僕が推奨しているXMパートナープログラムは、ご存じの通り海外に拠点を置くFX事業者です。

Trading Point (Seychelles) Limitedは、証券ディーラーのライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁により認可されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTrading Point (Seychelles) Limitedが完全に所有しています
リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社のリスク開示を読み、完全に理解するようにしてください。
XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。

https://www.xmtrading.com/jp/

上記はXMから引用した文章です。

ここで大事なポイントは「日本金融庁の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスの勧誘と考えられる業務に携わっておらず」という所です。

僕は法律の専門家ではありませんので、解釈が合っているかまで分かりませんが、XMは日本に拠点を置いていないので日本での営業活動が出来ないのだと思っています。

現に、日本のテレビCMでXMを見たことがありませんし、雑誌でも見た記憶が無いような気がします。

XM以外にもWEBページで見慣れた海外FX業者のCMをWEB以外で見たことが無いような気もします。

でも、国内業者のCMは見たことがありますので、XMはおそらく日本で活動するライセンスがないのかな。

日本で大人気のXM

XMは日本のレバレッジ25倍規制以降、一気に有名になった海外FX業者です。

日本で宣伝活動が行われていないにも関わらず大人気なんです。

理由はアフィリエイトです。

国内のレバレッジ改悪に加え、高額なアフィリエイト報酬が魅力となり、日本のアフィリエイターが一斉にXMをアフィリエイトし出したのでしょう。

CM広告費をアフィリエイトに回しているためか、高額なアフィリエイト報酬が魅力ですよね。
※僕の過去記事にアフィリエイト報酬画像がいくつもありますので、興味のある人はさがしてみてください。

僕もどこかでXMの広告やレビューなどを見てXMでトレードを始めるようになりました。

英語も話せないのに海外にFX口座を開いて大丈夫なんだろうか?という不安を抱え、XMと出会い今に至ります。

インターネットだけで有名になった事実

日本人向けに自社広告を出さなくても、日本人トレーダーならXMを知らない人は居ないくらい有名な業者ですよね。

特にレバレッジ改悪も手伝い、日本人トレーダーの数はかなり多いと思います。

僕たちが普段から行っているアフィリエイトって改めてすごい効果を持っているんだなと思いました。

いずれもインターネットに書かれた誰かの文章を見て、読者の行動を動かし続けた結果です。

インターネットに書かれているXMに関する記事が全てアフィリエイトではありませんが、今や見飽きた広告であることは間違いないです。

これからのXMアフィリエイト

出始めの頃のXMは新鮮さがありましたが、今や有名になりすぎて「またかよ感」が出てきました。

そんな中、XMを宣伝していくにはXMの魅力を伝える記事でなければいけません。

画像で視覚的にアピールし、文章で論理的にアピールし、楽しくなる気持ち、夢が広がる感覚を与えなくてはいけません。

それが出来る人はこの先も生き残っていけるでしょう。

もはや、AdSenseでも見慣れたXMの広告をペタペタ貼って売れる商品ではなくなっています。

僕はこの先もXMと付き合っていきますので、戦略を自分で練りながら進めていきます。

一緒に頑張ってみますか?