アフィリエイトを展開する上で対象となるターゲットを理解する

XMパートナーアフィリエイトを展開する上で避けては通れないのがFXです。

僕が推奨するXMパートナーは海外FX業者ですので、FXに関する話題に触れなくてはいけません。

と言うより、FXの話題しか扱いません(´・ω・`)

そして、ターゲットはFXを実際にしているトレーダーや、これからFXを始めようと悩んでいる人たちになります。

そう、FXトレーダーがターゲットなんです。

現役FXトレーダーが求めている2種類の情報とその違い

FXトレードには大きく分けてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析と言う二つの考え方があります。

ファンダメンタルズ分析は、世界情勢や要人発言や経済対策など、国家レベルの政策など相場を動かす要因となるイベントをニュースなどからキャッチしてしてトレードをする方法で、中長期トレードを行うトレーダーがファンダメンタルズを意識している人が多いと思います。

次にテクニカル分析ですね。

FXチャートを見て過去の値動きから今後の値動きを分析してトレードを行う方法で、デイトレードやスキャルピングという方法で短期トレード向きな分析方法です。

上記のように二つの分析方法を使うトレーダーにとって欲しい情報は異なります。

ファンダメンタルズ分析に必要なのはニュースです。

突発的な値動きがあり、ニュースを後追いするトレーダーも多く存在しますので、FX取引に関するニュースサイトは需要があります。

テクニカル分析に必要なのはテクニカル指標の使い方や考え方、基礎知識や手法、自動売買など短期的なトレードに必要な情報です。

テクニカル分析は行ってみれば勉強に近いイメージですし、知識を求めるトレーダーの数はかなり多いです。

知識を積み重ねて自分の利益へと繋げようとしているので、当然のことですが(´∀`)

とにかく、FXトレーダーは毎日24時間トレードチャンスを伺っています。

僕たちアフィリエイターは上記で述べた二種類の情報を発信して求められている情報を発信する必要があるのです。

情報発信すると聞くと難しく聞こえますか?

ファンダメンタルズ分析に関するニュースを読んでそれをトレーダーに向けて情報発信することは難しいと思いますか?

ニュースを完璧に伝えようと思うとかなり難しいです。

経済アナリストレベルの分析力が必要になってきます(´Д`)

しかし、個人ブログで底まで堅い情報を発信しなくても、自分なりにニュースをかみ砕いた内容で良いんです。

実は、FXトレーダーは初心者がかなり多いです。

初心者にとってファンダメンタルズ分析は難しく聞こえ、敬遠されています。

世界の経済情報を聞いてもハッキリ言って良く分からないし、FRB議長が利上げするやらしないやら言ってもどっちに動くかなんて分からないし予測も出来ない。

何億何兆円規模の赤字と聞いてもぱっとしないし、それがどういう風に影響するのかも分からない。

各国の雇用状況、経済見通しなんて暗号に近いレベルにしか思っていないトレーダーが多いので、これらのニュースを小学生でも分かるくらいのレベルに落とし込んだニュースを求めています。

つまりです、ファンダメンタルズ分析に関係しそうなニュースを自分なりにかみ砕いてそれを分かる範囲で伝えれば良いんです!

もちろんFXの知識があった方がニュースを深く読めるし、知っている単語なども多いので、深く広く優しく伝えることが出来ます。

ニュースの意味が分からないのでトレーダーは検索する。

僕たちはそれに対して自分なりの回答を提供する。

たったこれだけなんです。

あ、ちなみに小学生にも分かるレベルで説明すると先ほどは言いましたが、あまりにも内容が薄いのは論外ですよw

現役トレーダーが使うテクニカル分析に役立つ方法を提供する

移動平均線の使い方やパラメーターの設定値、組み合わせる他のテクニカル指標。

移動平均線を使った手法や根拠など、テクニカル手法に関する情報は世の中に溢れかえっています。

しかし、溢れかえっている割には内容が薄いのです。

どこかで見たような方法だなと感じたトレーダーは、他を検索して、自分にとってメリットとなる情報を拾うまで検索します。

検索し勉強し、それを自分のトレードに使い利益を生み出すためなので、トレーダーはとても勉強熱心です。

でも、情報が薄いサイトがとても多いので、深い使い方をしているサイトを探しています。

そう、深いサイトになれば良いんです!

広く浅くテクニカル手法を扱うサイトが多い中で、狭く深く攻めたテクニカル手法のサイトを作り、更新し続けることで広く深いサイトができあがりますよね?

現役のトレーダーを相手にするので、中途半端な情報を提供していては相手にされませんので少なくとも実用レベルの知識が必要になってきます。

テクニカル分析を扱う場合はFXの経験が少なくとも必要になってくるかと思いますが、そこはデモトレードという便利な物がありますので、そちらを使えば大丈夫でしょう。

とはいえ、実際にトレードをしていると1秒が凄く長く感じるほど張り詰めた感じになる場面が多いのですが、身銭を使わないとその辺の空気は感じにくいかと思いますので、出来るだけ真剣に取り組んでください。

まとめ

FXの情報を扱う上で、FXの経験はあるに超したことはありません。

しかし、経験が無いからと言ってFXに関する情報を発信してはいけないという訳でもありません。

経験が無いのなら、ファンダメンタルズ分析の方で情報発信すれば良いですし、平行してテクニカルの勉強もして追々テクニカル分析の情報発信もしていけば良いのです。

今の自分に出来ることから初めて、少しずつステップアップしていってください。

分からないことや出来ないことを放置したまま情報発信すると現役トレーダーが相手にしてくれませんので、できる限り勉強をしながら頑張りましょう!

勉強することが多いのはどの業界でも同じです。

しかし、XMパートナーは報酬が発生し出すと止まらなくなるので、勉強する価値は大いにあると思います。

信じて実践するのもしないのもあなた次第です。