報酬の発生難易度

最近動画コンテンツが大人気のようで、イケハヤ氏もyoutubeにシフトしたようですね。

個人的にイケハヤ氏の考え方は同調できるところもありますが、総合的に自分さえ良ければ良いという色が強いので、あまり好きではありません(´・ω・`)

他のアフィリエイターもyoutubeを推しているので、この先youtubeが主流になるのかもしれません。

僕はyoutubeアフィリエイトを実践したことがないので、詳しいことまでは分かりませんが、広告を強制的に見せられるのでアクセスさえあれば安定した広告収入は狙える仕組みだろうとは思います。

今現在、ブログでクリック型報酬広告を実践している人は、youtubeの方が効率がいいのかもね。

クリック型報酬広告はクリックされなければ報酬が発生しませんが、youtubeは勝手に再生されますので、報酬の発生しやすさで考えればyoutubeが優勢なのかなと。

ブログアフィリエイトのメリット・デメリット

特徴

ブログアフィリエイトで報酬を発生させるためには2段階の壁があります。

  1. アクセス確保
  2. 報酬確保

成果報酬型広告の場合、アクセスを集めるために膨大な記事とSEOが必要になり、売るためのテクニックなども必要になってきます。

SEM(PPC広告)でアクセスを集める方法もありますが、PPC配信が禁止されている商品も多いので、売りやすい商品はそれほど多くはありません。

クリック型報酬広告でも同様に、アクセス確保が稼ぎの要になることは間違いなく、アクセスさえあればクリックされる確率も上がりますので、アクセスが稼ぎに大きく関係しています。

初心者が始めるアフィリエイトとして、クリック型報酬広告は難易度が低いので、オススメではありますが、初心者である以上大量のアクセスを集めることが難しくそれほど大きく稼ぐことも難しいでしょう。

成果型報酬とクリック型報酬でアフィリエイトする方法も大きく変わってきますし、難易度もかなり違います。

文章だけで人の心を動かすこと自体、難しいのかもしれません。

メリット

SEO対策が取れて、狙ったキーワードで検索上位に上がれば一気に稼ぎやすくなります。

文章なので、一度読んだ箇所を覚えておけばいつでも直ぐに読み返すことが可能です。

プリントアウトすることも可能です。

本をイメージしてもらうと分かりやすいのかなと思います。

口下手な人でもうまい文書が書けるようになるので、チャンスはすべての人に対して平等にあると考えられます。

デメリット

稼げるアフィリエイターになるまでは、かなり時間がかかります。

中にはすぐ稼げるようになる人も居ますが、こういう人達は何をしてもうまくいく人種なのでしょうから、例外的に考えてください。

頑張るベクトルがずれていれば、この先ずっと稼げないかもしれません。

検索アルゴリズムはGoogleの気分一つでガラッと変わる可能性があるので、この先の検索順位は維持できないかもしれない。

人に伝わる文章が書けないとアフィリエイト展開は難しい。

また、SEOが稼ぎの大元になりますので、検索されるキーワードでしか巡り合わせがありません。

「焼き肉」で検索している人が「アフィリエイト」には結びつきませんからねw

youtubeアフィリエイトのメリット・デメリット

特徴

youtuberといえば、やっぱりパイオニアのヒカキン氏が有名ですね。

顔出しすることによって感情も訴えやすいですし、表情も出せます。

人に物事を伝える上でこれ以上伝えやすい媒体は無いのかもしれません。

しかし、広告の単価がかなり低いため、膨大な再生回数が必要になるでしょう。

文章でも動画でもコンテンツという立ち居位置は一緒です。

人に何かを伝えるために文章を使うのか、動画を使うのかだけの違いです。

顔出しをした方が、自分のことを早く信頼してもらえるでしょうし、親近感が湧きますよね。

その人の顔を知ったからと言って、特に何も変わるわけではありませんが、知らないよりも知っていたほうが信頼を勝ち取る上では有利でしょう。

コンテンツを作ることについては、ブログもyoutubeも一緒なので、今現在ブログを書けている人であれば、特に問題は無いのかなと思います。

メリット

検索エンジンのアルゴリズムと似たようなアルゴリズムなのでしょうが、同じアルゴリズムが取られていないでしょうから、ある程度アクセスがあれば、 ビギナーでもまだまだ検索上位に表示されやすいのかなと思います。

ブログほどSEOを意識しなくても良いのかな?と。

先程も書きましたが、youtubeは声のトーンや表情を使いわけ、最大限アピール出来る媒体だと思います。

話し上手な人や、文章を書くよりも話している方が好きな人なら、youtubeアフィリエイトを始めてみても良いかもしれません。

一般的にyoutubeは普及し尽くしており、小学生でもバンバンyoutubeを見るくらいyoutubeに対して抵抗がありません。

関連する動画からもいろんな種類の動画にジャンプもしやすいですし、他人のコンテンツともリンクされる可能性が高いです。

そういう意味では、人気さえ出てしまえばかなり稼げるのかなとも思います。

デメリット

メインの収入源は再生される広告になるのだろうと思いますので、大きなアフィリエイト報酬は狙いにくいのかなと思います。

アフィリエイトリンクを貼っているブロガーも見かけますが、僕がほしいと思った商品の動画を見ていても、そのリンクは未だに一回もクリックしたことがありませんので、やっぱり売れにくいのかな~。

また、顔出しした方が稼ぎやすいことは間違いないのでしょうが、ホイホイと顔出し出来ない人もいるでしょう。

あと、動画をすべて見ないと欲しい情報が得られないので、見るだけで時間がかかってしまうことです。

ブログの場合は流し読みができたり、テキスト検索が出来たりするので、欲しい情報をピンポイントで得るにはブログのほうが優れています。

現に、僕もyoutubeを検討したこともありましたが、近所付き合いもありますし、有名になった時に家族に害が無いとも言い切れません。

「お前の親父、昨日youtubeでこんなこと言ってたぞw」とかねw

顔出しすることはブログに比べて匿名性は薄れる事については、多くの人が懸念していることではないでしょうか。

また、顔出しせずにyoutubeを実践した場合、やはり顔出ししている人達よりも見劣りしてしまうでしょう。

総合的な意見

この記事を書いていて、youtubeが優勢な気がしてきました。

というよりも、今僕が稼げていないのであれば、youtubeを実践するかな?と。

理由的にはSEO対策は、初心者には厳しいし、文章をスラスラ書けるようになるまでは、どうしても時間がかかります。

僕が稼げるようになるまでにしてきたことを、他の人がすることを考えると、やっぱりハードルは高いと思います。

とは言うものの、実際に僕はSEOで稼いで生活しているので、SEOの凄さも理解していますし、まだまだ出来ることはたくさんあります。

やり方にも夜と思いますが、コンテンツの信頼度はyoutubeの方が上でしょう。

クリック(再生)型報酬の発生難易度もyoutubeの方が上でしょう。

大きな報酬を狙うにはブログの方が稼ぎやすいでしょう。

しかし、稼ぐまでには膨大な時間と作業が必要になります。
※これはyoutubeも一緒かw

2019年以降youtubeはもっと伸びていくでしょう。

今稼げていない人はyoutubeを検討してみても良いかもしれませんし、僕も話のネタ的にyoutuberになるかもしれません。

試してみないと何も分かりませんからね!