世界最強の広告会社

アフィリエイトの世界に住んでいると、Googleのさじ加減一つでアフィリエイト報酬が左右されるので、Googleの対応に脅威を感じる場面が多いです。

Yahooの検索エンジンもGoogleと同じだし、もう全人類がGoogleを使っていると言っても過言ではないでしょう。

スマホのOSであるandroidなんてGoogleが親分ですから、Googleが生活とかなり密接な関係になっています。

「Google無しの人生なんて考えられない」という状況になっています。
世界中の人がGoogle依存症です。

「オッケーグーグル」とか言ってる場合ではありませんよ(´・ω・`)

全てGoogleの戦略です。

ここまで自然と生活に侵入してくる世界最強の広告会社なんです。

Googleが一番恐れていること

Googleは広告会社ですので、広告収入がメインの収入源になります。
PPC広告がイメージしやすいかと思います。

PPC広告

PayPerClick広告の略称で、ユーザーが広告をクリックが発生する度に料金が発生する広告のことです。
広告主はお金さえ出せば狙ったキーワードの上位に広告を表示させることができるので、SEOパワーが弱くても集客が可能となります。
Googleは検索結果に表示させる場所代として、広告費用を徴収するビジネスモデル。

広告主は、Google検索結果の一番目立つところに自社の広告を出せますので、そこにビジネスチャンスを見出して高い広告費用を出してでも宣伝するのですね。
良い場所を取るために、札束で殴り合う様な取り合い合戦が日々繰り広げられています。

Googleの知名度があるからこそ、効果のある宣伝方法となります。

Googleが一番恐れていることは、世の人々がGooogleを使って検索しなくなることです。
Googleを使わなくなると、広告を出稿する広告主が減りGoogleの収入がダウンしてしまいます。

Googleの仕事

端的に表現すると、広告主とエンドユーザを結びつけるのが仕事なのです。
Googleを使って検索して欲しいのです。

そのために、検索ユーザーが使いやすい環境を常に改善し続けています。

Googleのトップページが超軽量である理由もここから来ています。
トップページが重ければ、検索窓に入力できるまでユーザーを待たすことになりますので、せっかちなユーザーは待ちきれず離脱してしまいます。

そして検索結果ですね。
ユーザーが欲しい情報と違う情報が結果として表示されてしまうと「Google使えねー(;´∀`)」となってしまうので、少しでも良い結果を返すために検索アルゴリズムの改良が行われ続けているのです。

検索ユーザーの為のGoogleなので、求める検索結果を返すことに必死なのです。
それが仕事ですから、当然のことです。

軽い!求めている結果が返ってくる!使いやすい!Google最高!が狙いです(´・ω・`)

Googleが求めている事

先ほども書いたように、検索ユーザーの為のGoogleですので、検索意図を満たした結果を返したいわけです。

しかも、その個別ページが軽く、高クオリティかつ信頼できる情報であることが求められています。

整理してみると、たったこれだけなんですよね・・・

検索ユーザー的に高クオリティというか、知りたいことが分かりやすく書かれていた方が絶対良いので、そういう記事は上位に表示して欲しいと思います。
求めた内容と違う内容の記事ならば、次の記事も見なくてはいけませんから、手間が増えます。

ユーザー目線から考えると、サクッと知りたいって感じですね。

だから、逆に考えると一つの記事にあれこれ詰めすぎるのも良くないんじゃ無いかって思うんです。
当然、求める情報の内容次第ですが、スマホの使い方を調べた時に見たページが5000文字も書かれていたら、僕は萎えます。
多分他の分かりやすいページを探します。

あと、有名なブログであったりサイトの方が安心できるので、信頼性は確かに重要なのかもしれません。
専門性も重要です。
しかし、個人レビューほど役に立つ情報も無いと思っていますので、信頼性が高いかもしれないけど、難しい記事が上位に表示されても困っちゃいます。

適度なバランスで調整してくれるのが一番有り難いと思うのですが、スパム対策もあるでしょうから、その辺が上手く出来なくてイタチごっこを繰り返しているのかなと思ったりもします。

アフィリエイターとしてGoogleと向き合う

アフィリエイトをしていると、どうにもGoogleをビビってしまうので、こう考えるようにします。
「Googleなんてただの広告会社、俺たちはその仕組みを利用しているだけだ」って。

Googleは神じゃない、世界的にちょっと有名な広告会社なんだとw

・・・こっちが何を思っていても、Googleは自社の利益を最優先するために検索結果を改良し続けますので、僕たちアフィリエイターはそれに振り回される運命なのです。

どの世界でも、絶対に成功するビジネスなんて存在しないので、仕方ないかなと思う部分もあるのですが、やはり上手く付き合っていきたいと思っています。

権威性が必要なら被リンクを、専門性が必要なら記事を整理し、場合によってはブログ単位で管理するなどの措置も必要になってくるかもしれません。

クオリティを求めすぎてコンテンツのボリュームが多くなりすぎてもいけないだろうし、適材適所でバランス調整するスキルも必要なのかもしれません。

何が求められているのかをよく理解し、自分に出来る事を少しずつしていこうではありませんか!