アフィリエイトはフリースタイル

アフィリエイトという言葉はかなり広義な意味を持っていて、僕の様にブログで稼ぐアフィリエイターもいたり、メルマガで稼ぐアフィリエイターもいますし、人気職業ランキング急上昇のYoutuberもアフィリエイターの一種です。

色んな方法で稼いでいるアフィリエイターが世の中には沢山います。

自分にできる事と自分に合っている方法を採用してアフィリエイトをしているのですが、実はアフィリエイトには正解となる型があるようで無いんです。

アフィリエイトの仕組み的な話をすれば、良質なコンテンツを作って広告を設置し、そこから収益を得るのがアフィリエイトの基本形になります。

ここで言うコンテンツとは、ブロガーの場合は記事であり、Youtuberの場合は動画の事です。

なので、コンテンツの形態も様々ですし、キャッシュの獲得方法も様々です。

稼ぐために一定の法則があるように思えるこの世界ですが、実は稼ぐための方法は定まっておらず、どんな方法でも稼ぐ事が可能なフリースタイルのようなイメージです。

色々と覚えるまでは型にはめる

アフィリエイト初心者は何から初めて良いのか分からないと思うので、取りあえず自分が理解出来るようなマニュアル的な物を探して、稼ぐための型に則って覚えようとします。

物事の基本を覚えるには、型にはまるのが効率的なので、僕も型にはまって覚えました。

「郷に入っては郷に従え」と言うことわざの通りです。

例えば、アドセンスなどのクリック課金型広告などが、初心者でも実践しやすいと言われていますので、アドセンスを設置したブログ記事などを作るようなアフィリエイト方法が一般的に推奨されています。

稼ぎ方が分からない以上、稼げる方法を真似して練習するのは良い事です。
実践に勝る練習はありませんからね。

しかし、自分なりにネットや書籍で勉強しながらアドセンスで月に数万円位稼げるようになると、「もっと稼ぐためにはどうすれば良いのか?」「今のやり方のままでこの先大丈夫なのか?」と気になってくる人が多いと思うんです。

どの世界でも共通する考え方として「守破離」という考え方があります。

  • 守:教えに従う
  • 破:他の意見を取り入れる
  • 離:独自路線を展開する

上記のように疑問や不安を抱えるようになると「破」のフェーズに移行している事になり、いずれ「離」となっていきます。

しかし、世の中には思っている以上に「思考停止」状態の人が多くて、ずっと「守」を維持する人がいます。

言われた事を忠実に実行しておけば大丈夫という安心感からそういう思考になるのかどうかは分かりませんが、この状態になっている事に疑問すら持たない人が多いのです。

覚えるまでは型にはまるのが良いですが、自分の成長とともにステップアップしていくのが普通の考え方だと僕は思っています。

初めは型にはまって「守」で良いんです。
しかし、「守」を維持したまま思考停止してはいけないのです。

思考停止しやすい人の特徴

端的に一言で言うと「おしえて君」が思考停止しやすい傾向にあります。

この人達は、自分で考えずに人に答えや方法を聞いて物事を解決させる傾向が強いので、自分でアイデアを出す事ができず、結果的に失敗しても人に責任をなすりつけてしまう事が特徴的です。

「今起きている問題を最良の方法で解決できれば良い」と思っているので、有識者に答えを聞く癖が付いてしまっているのです。

確かに「おしえて君」理論で物事を進めると自分は楽ちんですが、何も自分の力になっていないので、良いプロセスを得る事ができていません。

と言うのも、僕はプロセスを比較的重要視していて、結果よりもどういうプロセスを経験したのかが大事だと思っています。

僕の場合ですと、アフィリエイトで稼ぐまでにずいぶん遠回りしてきた経緯があります。
言い換えると、稼ぐまでに色んなプロセスを経て今に至るわけです。

一本道を辿っていない反面、経験してきた事が多く、その時々でぶち当たってきた壁が僕の経験値となっています。

考えながら何度も壁を乗り越えてきたので、次同じような壁にぶち当たっても乗り越える事ができると思っています。

なので、思考停止しやすい人は考える力も問題解決する能力も低いままなので、次のステップへ進むのが人並み以上に大変なのです。

アフィリエイトで柔軟に稼ぐためには「フリースタイル」で展開した方が自分の道が広がります。

その道はレールが整備されておらず、自分で道を切り開いていくような獣道です。

思考停止している人は獣道を見ると行き止まりだと勘違いしてしまうのですが、自分の道は自分で作っていく事ものだという事を知って欲しいです。

過去に出会った「おしえて君」達

僕はこのブログでXMアフィリエイターを募集すると同時に、稼ぐまでの道をサポートも行っています。

残念ながら、途中で辞めてしまう人が多いのですが、現在も数名サポートをしています。

と言う話はさておき、実はリアル友人数名にアフィリエイトを教えていた事があるのですが、見事に「おしえて君」でしたので、反面教師的な意味合いで例に出します。

彼らには、アフィリエイトの仕組みとキャッシュが発生する仕組みを教えるところから初めて、どのジャンルでアフィリエイトするか?という風に極力自分で考えさせながら教えていたのですが、決まって「どのジャンルにすれば良いのか分からない」と言うのです。

基本的に興味の無いジャンルでアフィリエイトをする事は初心者にとってハードルが高いので、自分が得意な分野でアフィリエイトすれば良いよ、と言う風に伝えても、一言目には「自分には得意な事が無い」二言目には「何を売れば良いのか分からない」と思考停止してしまうのです。

仕組みを理解出来ていないのか、そもそも理解しようとしていないのかまでは分かりませんが、とにかくすぐにヒントを求めてきます。

自分で考えようとせずに、人の意見をすぐに聞こうとする発想がそもそもマズい訳で、それを考えるところからがアフィリエイトだと、過去数名に同じ事を言った事があります(;´∀`)

僕から言わすと、自分がこれから稼ごうとする土俵くらい自分で決めろや!と声を大にして言いたいのですが、そんな事を言っても何で怒られているのかも分からないでしょうから、結局言わずじまいですが、そういうことなんですよね。

どうでしょう、環境は違えど似たような事を経験した事のある人は居るんじゃ無いでしょうか?

このように思考停止状態で、マーケティング要素の強いアフィリエイトなんて出来る訳がないのです。