はじめに

今回の記事は、お金に対して不安を抱えている人を煽るために書いた物では無く、この記事を読むことでより自分の将来について見直して貰えればと思い書きました。

この記事を読み終えた後、少しでも不安に思うことがあれば、最悪のケースに備えて対策をしてください。

お金を貯めるにはとても時間が掛かります。

少しでも早く対策出来るように効率よくプランを立てて実行し、必ず訪れる自分の老後に備えてください。

将来的なお金に不安を感じる

一般的にサラリーマンの生涯年収は3億円と言われておりますが、途中で転職する人も多いでしょうし、今の時代普通のサラリーマンには3億円も稼げるとは思えませんので、サラリーマンの最大値が3億円と考えた方が良さそうです。

転職サイトで有名なdodaの調査によると、男女の違いによる年収の差はありますが、年代別の平均年収は20代で約350万円、30代で約450万円 、40代で約500万円 、50代以降で約650万円となっています。
詳細は下記のTweetをご覧下さい。

子供の学費、家のローンや家賃、車のローン、毎月の光熱費や食費など毎月の出費を考えると「この先大丈夫かよ・・・」と不安な気持ちになるかも知れません。

病気や事故などで体が不自由になるリスクもありますし、この先もずっと給料を貰える保証なんてどこにもありません。

毎月の支払いに加え、貯金もしなくてはいけませんし、老後の事もリアルに考えておかなければいけません。

お金に関して他人は一切助けてくれませんので、自力でなんとかしないと行けないのです。

生きているだけでお金は飛んでいきますので、死ぬまでお金の悩みはつきまとうと思います。

いや、死んだ後も葬式やらお墓やらお金掛かりますね(;・∀・)

貯金が出来ない

ボーナスが支給される様な優良企業なら良いですが、今のご時世ボーナスなんて都市伝説となっている会社も多く、リアルな平均年収はもっと下がりそうです。

先ほどの平均年収をベースに考えると、収入に対して支出が増える20~30代の子育て世代なんて絶対貯金出来ません。

僕も同様にサラリーマン時代は貯金はほとんど出来ていませんでした。

ブラック企業に勤めていると、終電を逃した後のタクシー代も実費になることがあるので、お金はもっと減ってしまします。

また、老後の生活に必要な資金は最低でも5,000万円必要と言われており、ゆとりのある老後にしたいのであれば1億円程度は必要になるかも知れません。

退職金が貰えればまだマシですが、貰えない職場も多いと思います。

10年先も見えないこの時代において、老後のお金まで考えると生きていく気力を無くしてしまいそうになります。

子供の頃に思っていた以上に生きていくのは大変そうです(;・∀・)

宝くじに当選する強運は無い

誰もが一度は夢を見たことがある宝くじ。

当選した人は実際にいるようですが、都市伝説レベルの話だと思った方が良いかもしれません。

僕も含め、おそらくあなたも宝くじに当選するような強運は持ち合わせていません。

宝くじ10枚で3,000円です。

どうせ当たらない宝くじに毎年お金を使うくらいなら、そのお金で子供に良い物を食べさせて上げてください。

「もし、宝くじに当たったら豪遊する!」「高級車を買う!」「家を買う!」など、考えるだけ時間の無駄です。

1億円という大金を一度に手にするチャンスは一般人にはありません。

たまには夢を見るのも良いですが、もっと現実を真剣に見つめてください。

宝くじで1億円当てるのは現実的に不可能です。

自分の将来を僅かな希望に任せるのは無謀だと思います。

当たらなかったらどうするの?

1億円を作る発想を持つ

宝くじは諦めたとして、どうやって1億円の貯金を作るのか?を考えてください。

ポイントは「貯める」では無くて「作る」です。

冒頭で書いたサラリーマンの平均年収を見る限り、普通に働くだけでは1億円の貯金は作れそうにありませんよね。

では、どうやって1億円の貯金を作るのか?

副業しかありません。

副業と言っても、本業が終わった後にアルバイトをしろといっている訳ではありません。

副業の収入を全額貯金するようにしてみることを想像してみてください。
本業の収入は、今まで通り生活費に使えば良いです。

あなたが仮に40歳で60歳まで働くとした場合、あと20年で1億円作るにはどうしたら良いのか逆算してみましょう。

単純に10年で5,000万円作れば良いんです。
1年で500万の貯金を作れば良いんです。
1ヶ月で40万ちょっと貯金出来れば良いんです。

普通に働いているだけでは、この金額は貯金出来ませんが、副業での収入があれば普通に貯金出来る金額です。

本業とは別の何かをして毎月40万作れば良いんです。

頭を使って稼げば良いんですよ。
頭を使って稼ぐ事が出来ない人が、定年退職後も汗水流して働く羽目になるんです。

この記事をここまで読んでいるあなたは、少なくとも最悪のケースを一度は想像したことがある人だと思います。

自分の中で想定できる最悪のケースになるルートは可能な限り潰しておきたいです。

お金を作る発想を明確に持ってみて下さい。

どうやって1億円を作るのか?

株やFX、仮想通貨などの投資で稼ぐ方法もありますが、投資は初期資金がいる上に、元本割れするリスクもありますし、最悪の場合全額失う可能性もありますので、将来を構築するためのプランとしてはお勧め出来ません。

お金が目減りするリスクが高く、収入額の多いローリスクハイリターンなビジネスがサラリーマンに最適です。

何かを売るにしても在庫を抱えないといけないので、初期費用が必要ですよね。
売れ残るリスクも考えると、正直微妙な感じを受けます。

僕も色々と今までに試した方ですが、結論と実績から言うと無在庫でリスク無く稼げるのはアフィリエイトしかありません。

とは言っても、全員が全員アフィリエイトで稼げるようになるとも限りませんが、可能性は皆平等にあるわけです。

まずは手始めにローリスクのアフィリエイトを3年ほど試して芽が出るかを試してみる価値は大いにあると僕は思います。

アフィリエイトで月40万以上稼ぐ事は現実的に可能です。
すぐに稼ぐ事は難しいですが、数年実績を積んで真面目に頑張れば十分射程範囲に収められます。

自分の将来のためなんですから、頑張れますよね?
あなたが困った時、誰も助けてくれませんよ?
自分のことは自分で守るしかできないんです。

リアルで現実的なプランを考えてみる

僕のブログを読んでくれている人なら分かってくれていると思いますが、僕はアフィリエイターとして遅咲きです。

稼ぐまでに3年は右往左往して全く稼げていませんでした。

しかし、XMアフィリエイトと出会い、僕はアフィリエイターとして一気に成長することが出来ました。

おかげさまで今では、毎月100万~200万の間で推移していますが、平均すると150万位稼げています。

僕の場合、年間で2,000万円強の報酬が発生しますので、現状維持出来たとすると1億円までの道のりはそれほど遠くありません。
※税金や生活費があるので(;´∀`)

昔は1億円なんて夢の様な金額に思っていましたが、今では手を伸ばせば届くところに有るような気がしています。

5~6年前くらいはアフィリエイトをしていなかった僕が、宝くじなんか買わなくても1億円を手にする可能性が高いプランを持つことが出来ました。

今アフィリエイトをしていない人でも、5年後にどうなっているかなんて想像も出来ませんが、ひょっとすると僕より稼げるようになっているかも知れません。

だから、1億円を現実の物にするためにプランを考えてみて下さい。

今から20年以内に1億円作るために、毎月40万円の副収入を確保するためにはどうすれば良いのか?

まず、1年目はひたすら修行です。
どんな困難にも打ち勝つ強い気持ちが必要になりますが、1億円を手にするためなら我慢も出来るはずです。

そして、1年目に月3万円でも良いので、副収入を作ってみて下さい。

アフィリエイトは稼ぎやすい方法もあれば稼ぎにくい方法もあります。
勉強すれば稼ぎやすい方法を知ることが出来るでしょうし、自分にあったアフィリエイト商品も見つかることでしょう。

1年目に報酬を発生させることが出来れば半分成功したような物ですので、あとは継続して向上させていくだけです。

一応表も作ってみたのですが、1年目で報酬が発生した場合、かなり少なく見積もっても40万円に到達するのに6年としていますが、稼ぎ出してからは成長が早いと思うので、実際にはもっと稼げるようになっているでしょう。

年数アフィリ報酬
1年目3万円
2年目5万円
3年目10万円
4年目20万円
5年目30万円
6年目40万円

いきなり1億円を稼ぐ事は不可能ですが、積み重ねることで1億円までの道筋がハッキリと見えてきます。

始めは小さな報酬から始まり、大きな報酬へと伸びていく物です。

この先のプランは自分で考えて下さい。

1億円稼ぐのは楽じゃ無い

今まで見えていなかった1億円への道が見えてきました。

あとは目的を達成させる自分の頑張り次第です。

ハッキリ言っておきますが、サラリーマンがが1億円の貯金を作るのは現実的に不可能です。

でも、アフィリエイトなら理論的に可能です。

しかし、サラリーマンが作れない1億円を、これから作ろうとするのは至難の業であると分かっておいて下さい。

普通のサラリーマンの様に飲みに行ったりすることも出来なくなります。
睡眠時間を削ることもあるかも知れません。

特に1年目は学ぶことや作業が多いです。
1年目で結果が出ると思っても良いくらい1年目が大事です。

その苦労を乗り越えた先に1億円の道があると思ってちょうど良いかもしれません。

この先挫折することもあるでしょう。

そんなときは何のために辛い思いをして作業をしているのかを思い出して下さい。

きっと頑張れるはずです。