アフィリエイトとは

お疲れ様です、たかはしです。

今更ながら、アフィリエイトの仕組みを今一度理解しておきましょう。

かなり省略して登場人物を画像にしてみましたが、最低限のキャッシュフローと役割はお分かり頂けるかと思います。

至る所で目にする広告はすべて広告主からの発注で広告代理店から下請けへ流れていき、制作会社が作成しています。

こちらに関しては通常の仕事と同じでその広告から契約に至っても広告会社にお金が流れるわけではなく、広告を作成した成果がお金となります。

一方アフィリエイトは広告を載せるだけでは報酬が発生せず、その広告効果を持って契約に至った場合にのみ報酬が支払われます。

大きい違いとしては、報酬に至るまでのキャッシュポイントが異なります。

広告代理店経由の方は成果物が広告そのものであり、ASP経由の方の成果物は成約となります。

これらの成果物が収められた場合にのみ報酬が発生するのです。

と言うのも、インターネットが普及する以前は、基本的に広告代理店経由でしか企業は宣伝が出来ませんでしたが、今はインターネットが各家庭に普及しておりますので、WEB広告を活用した宣伝も可能な時代となりました。

企業側からすると、広告代理店へは広告の制作費として費用が必ず発生しますが、ASPへは成約した案件にのみ報酬が支払われますので、広告費をグッと抑えることが出来るのです。

もちろんアフィリエイターの活動内容や実力によって成約件数が異なりますが、企業側からすると売れたものに対してだけ広告費として報酬を支払う仕組みになるので、コストパフォーマンスが良く、経理上管理しやすいのです。

僕達アフィリエイターは、企業の宣伝等となって日々活動しているということになる訳です。

アフィリエイト作業を毎日していると、パソコンとにらめっこしたり検索エンジンを相手にしたりと機械相手に作業しているように錯覚してしまいますが、本来の相手は顧客という人間でありますので、その辺をどうか勘違いしないで下さい。

キャッシュポイント

アフィリエイトでは大きく分けて3種類のキャッシュポイントがあります。

  • 成果報酬型
  • 継続報酬型
  • クリック課金型型

成果報酬型はアフィリエイトでは一番代表的なパターンで、その商品を紹介して契約に至った場合に報酬が発生します。

継続報酬型は、月額サービスや継続的なサービス利用による報酬体系です。

クリック課金型はアドセンスなど、クリックされた時点で報酬が発生する広告となります。

特化型ブログなどでは、成果報酬型の商品をアフィリエイトするのが制約されやすく、トレンドブログでは膨大なアクセス数が必要ですがクリック課金型がキャッシュポイントとなります。

継続報酬型は、レンタルサーバーなど月額費用がかかるものとか、XMパートナーのような顧客が継続して利用するサービスなどがあります。

それぞれのキャッシュポイント毎に特徴がありますし、どういう商品をどうアフィリエイトするのかで、選択する広告自体が変わってきますので、ケースバイケースで戦略を考えるのがアフィリエイターの仕事です。

やはり、ブログを書くだけでお金が稼げるとか、そういう簡単な話ではなく、僕達個人のアフィリエイターが企業と接して報酬を得るにはそれなりの知識と技術が必要になってきます。

そういう難しい話は、他の記事を読んでもらえればイメージは掴めると思いますので、僕のブログの記事を読み漁って下さいw

今回は、キャッシュポイントの理解を深めてほしいと思っただけですので、初心者の方は上記の図を頭に叩き込んでおいたほうが今後のためになると思います。