記事を書くには分析が必要

なぜ記事が書けないのかを知る

ブログをやり始めたばかりの初心者にありがちなのが、文章が書けないという症状です。

この症状は初心者にも限らず、ブログを書いている人なら誰でもぶち当たることのある壁ですね。

自分が書いているテーマに対する情報や理解度によって、今書こうとしている記事で伝えたいことが変わってきます。

人それぞれ思い浮かぶ文章も違いますし、表現方法も違います。

持っている情報や知識によって、言葉のボキャブラリー量が違うので当然のことです。

自分が取り組んでいるテーマに対する業界知識は当然必要なので、勉強する必要があります。

自己分析で自分の事を知る

分からないことは調べて自分の知識にしなくてはいけませんし、そういう作業が自分のボキャブラリーに繋がってきます。

また、初心者にありがちなのが、記事が書けないからといって、ほかの人のブログを読むことが多いと思うのですが、読んでいるうちに「自分にはこの人達みたいに書くことができない・・・」と思う人が多い様に思えます。

この経験は僕も味わったことがありますし、気持ちはすごく分かるのですが、そこで止まってしまっては先に進む事なんてできないのです。

今の自分に何が足りないのかを自己分析してください。

業界知識がないのであれば、その業界について調べ上げてください。

文章力がないのであれば、納得いくまで文章を書いてください。

業界について知る

真剣にブログ活動を行うのであれば、自分が取り組んでいるテーマの業界について知っておく必要があります。

取り上げているテーマについて記事を書くのに、その業界の事を知らなければ記事なんて書けるわけがありませんので。

薄い知識では記事の幅も少ないですし、内容も似通ったものになってしまいますので、結果的にいいコンテンツはできないでしょう。

と、言ってしまうのは簡単なのですが、その業界に通じていない僕たちブロガーは当然ながらその業界の知識を持ち合わせていることが少なく、素人レベルの知識でそのテーマに取り組むことが多いです。

記事を書きながら、その業界知識について理解を深めていけるのが理想的ですが、やはり初めの頃は最低限人に説明できるくらいまで知識をつけなくてはいけないと思います。

この辺は経験でカバーできることが多いですが、要領というか、人間スキルかな?と思います。

なので、無理して慌てて記事が書かなくてもいいんです。

業界知識があって初めて記事が書けるので、知識がない人は書けなくて当然なんです。

記事が書けないのであれば、業界知識を深めてください。

誰のために何のために記事を書くのか

誰のために書くのか

ここが本題というか、重要な部分です。

この部分を理解していないと、人に伝わる文章が書けません。

と言っても、普通に考えればすごく当たり前の事なので、それほど難しい話でもありません。

一般的な流れとして、記事を書く場合、書きたいことに対して漠然としたイメージがありますよね。

言葉で説明するよりも、実例を交えて具体的に、今読んでいるこの記事で考えてみましょう。

まず、この記事は記事を書きたくても書けない人、文章が思いつかない人を対象に書いています。

この時点で、読んでほしい人のイメージ像がぼんやりと浮かび上がってきます。

次にタイトルですが、書きたい内容を表したタイトルに、検索されたいキーワードを含まして考えます。

今回の場合は、「ブログ 記事 書けない」を想定していますので、そのキーワードをタイトルに組み込みました。

何のために書くのか

この時点で想定するターゲットがはっきりしましたね。

次に、本文の内容ですが、何のために書くのかを考えてみてください。

誰のために書くのかは事前に整理できているので、そういう人たちの為になることを書くことになります。

つまり、記事を書けない人でも、記事が書けるようになる為のヒントを記事にしたいのです。

たったこれだけのことなんです。

伝えたい内容のレベルによって文章の長さが当然変わりますので、記事ごとにボリュームが違います。

今回のこの記事は、記事を書けない人がこの記事を読んだ後に、記事が書けるようになって欲しかったので、少々長い文章になってしまいました。

最初から上手に書ける才能は誰にも無い

僕もそうですが、最初から文章なんて書けませんでした。

今でも怪しい文章を書いている気がしますが、相手に伝わればそれでいいと思っています。

始めの頃は長文なんて絶対書けなかったし、文章の組み方もおかしかったと思います。

この点は、ほかの人のブログを読めば読むほど深みにはまってしまいますので、文章の一字一句を真似するのではなく、文章の構成を真似して練習していけばいいと思います。

最初から記事を上手に書こうなんて思わず、練習とおもって書きまくってください。

書けば書くほど文章は上手くなります。

言葉のボキャブラリーも増えていきますし、話の組み方も変わってきます。

今書いている文章が変だからと言って、諦めずに、今おかしいと思っていても次に進める事が大事です。

そもそも、作り始めのブログなんて検索結果に表示されないので、誰も読まないので、恥ずかしがらずに全力を尽くして記事を書き進めてください。

書けないから書かないでは先に進めませんからね。