【初心者向け特集その9】たった2つのコツを守るだけでスラスラと記事を書けるようになる」で自分が知っていることを書けばいいという事を書きました。

しかしです、自分が知っていることだけを書き続けていけば、いずれネタ切れを起こしてしまうでしょう。

日常的にネタを拾い出せる人はあまり苦労をしないでしょうが、専門的なブログを運営していると、かなり意識しないと日常からネタを拾うことは難しいです。

万が一ネタ切れを起こしてしまう場合、どうやって新しい情報を吸収するか?を考えなくてはいけません。

自分の頭の中から無限に書きたいことが湧いてくる人は少ないと思います。

情報収集を行わない場合、全て自分の頭の中の世界だけで話をしてしまうので、偏った情報になってしまう可能性がありので・・・

まぁ、それで面白いコンテンツが作られれば良いとは思うのですが(´・ω・`)

そんなこんなで、今回の記事は情報の収集方法についてです。

ネタ切れはチャンス

僕が思うに強いブロガーというのは、ネタ切れを起こしてからが本領発揮するのではないかと考えています。

どうやって次に繋げていくのかを考えるプロセスを得られますからね。

次に書くネタをどうやって絞り出していくか、絞り出していく過程で色々と面白いアイデアが浮かんだり、面白そうな企画も浮かぶことが多いです。

新しい展開に発展する可能性が高いのですよね。

僕がよくやる方法としては、自分の頭の中にある書きたいことを箇条書きレベルでホワイトボードに全て書き出していきます。

その時に内容が重複するものは、一つの記事にまとめてしまって、何個記事が書けるのかを整理します。

後は、洗い出した内容で順番に記事を書いて行くのですが、書いているうちに「コレなんか違うなぁ」と思うことは、一旦外に避けておいて、新しい記事ネタ候補として置いておきます。

これを繰り返しながら、書くことがない状態まで一旦追い込みます。
この時、頭の片隅にでも書きたいことが残っていてはいけません。

完全にアイデアゼロの状態を作ります。
どちらかと言うと敢えてネタ切れの状態を作り出している感じです。

僕はどちらかと言うと不器用な人種なので、頭の片隅になにかやり残した事がある場合、ずっとそれが引っかかった状態になるので、どんなことでも出来るだけ思考をクリアーにしておかないと駄目なのです。

そうしないと新しいアイデアが浮かんでこないんです。

例えば、ブログの合間にゲームをしているとします。

ゲームでクリアーできない状態にハマってしまうと、それがずっと頭の片隅に残るので、ブログ作業に影響がでてしまうのですw

ゲームを出来るところまでしておいて、その問題を解決してもう何もすることが無いという状態まで持っていかないと、ブログの作業に戻ってこれないのです(;・∀・)

記事更新をしていない場合は、なにか別のことにハマっているのだと思ってください(´・ω・`)

情報ソースとしての書籍やブログ

最近お気に入りの情報収集方法として「書籍」を選んでいます。

今まで全く本を読まなかったのに、今月は3冊も読破しました(・∀・)

お正月ということもあり、子供と一緒に図書館にいって4冊も借りてきました。

無料で勉強することだって可能なわけです。

無料と言えばブログを読むことも勉強になります。

例えば僕のこのブログもアフィリエイトで稼ぐ気力がある人にとっては有益な情報が書かれているので、ブログを全部読んだだけでも勉強になったり、新しい発見をすることだって可能です。

本屋に行って興味のある本を買って読んでもいいし、電子書籍なんかもフル活用出来ますよね。

Amazonのkindleでは読み放題プランも用意されているので、読もうと思えば何冊でも読むことが出来ます。

本を読むという行為は慣れていないと、なかなか最後まで読むことはしんどいのですが、読みながら新しいアイデアをメモしつつ読破する方法が個人的に効率が良いかなと思っています。

もちろんkindleの読み放題プランでも読みますし、読みたい本は買って読んでいます。

一冊読むごとに新しい発見は必ずありますし、それをブログにアウトプットしているので、僕にとって読者は記事ネタの宝庫になりつつあります。

この様に情報収集をする方法は、その辺にいくらでもありますので、このお正月にでも読書をしてみることをオススメします。

お正月以外にも、新しい知識の吸収をする方法としての読書やブログを活用してみてください。