Googleを敵に回すな!

検索エンジンの世界を牛耳っているのは天下のGoogle様です。

アフィリエイターとしては、彼らにペナルティを受けないようにゴマをすって生きていかなくてはいけません(;´Д`)

反抗的なコピペや、反抗的なクオリティの記事は絶対作ってはいけません。

彼らは自分たちの方針に忠実なメディアを正当に評価してくれますので、権力に逆らうこと無く優等生を演じて行きましょう・・・

Googleの方針を知る

まず、Googleが掲げる10個の真実を見て下さい。

次に、Googleが配布しているSEOのガイドをダウンロードしておいて下さい。

難しい話は置いておいて、とりあえずGoogleが僕たちに求めているのはこういう事です。

良いコンテンツを作るためには?

Googleの方針に乗っかって考えると、コンテンツ部分を指しているのは下記の項目です。

  • ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  • 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

1つのことを極めた専門家として、ユーザーに焦点を合わしたコンテンツを作り続ければ良い結果になるだろう!的なニュアンスだと解釈しています。

超シンプルよね・・・
他の項目として大事そうな物は・・・

遅いより速いほうがいい。
遅いレンタルサーバーより早いレンタルサーバーを使えばいいだけなので、お金さえ出せば、これは誰でもクリアー出来ます。
ページロードは早いほうが良いよ!って話です。
※常識の範囲内のテンプレート利用時に限る

ウェブ上の民主主義は機能する。
これは読者にとって良いと思われるコンテンツ出なければいけませんし、さらにバイラル要素も必要になってきます。
要するに、被リンクは多い方が便利だよって話なのですが、被リンクはこちらから制御できるような物でもないので、いいコンテンツを作るしかありません。
※サテライトリンクはNG

情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
今時のブログはモバイル対応のテーマが標準なのでこれについては、問題視するほど重要な話では無いと思っています。
例えば、スマホ対応のテーマを使えば済みますしね。

「すばらしい」では足りない。
個人的にはこれの捉え方が難しいんですが、俺たちは成長に貪欲だぞ!って事を言いたいんだと思います。
俺たちが走り続けるんだから、お前たちもついて来いよ!っていうマウント宣言なのかなとも思えますが、要するに頑張れよ!って事かな?って解釈していますw

具体的にどんな記事を作れば良いのか?

品質の良い記事ってどんなん?

皆が分からなくなるのが、ここですよね!

これについては、自分で考えろ!ってのが回答です。

僕が検索ユーザーの為に考えることと、あなたが検索ユーザーの為に考える内容は同じではありません。

僕が良いと思うことは、あなたにとってどうでも良いことなのかもしれませんし、それほど重要な事でも無いのかもしれません。

自分が良いと思うことが世間の需要になるとも限りませんし、人それぞれの思考や表現によって良いコンテンツの意味合いが変わってくるからです。

抽象的ですw

なので、自分がその時検索ユーザーの為になると思ったことを全力で考えて、検索ユーザーを満足させる記事を作るしかないのですよね。
検索意図も含めてね。

発想の違いは個性ですから、自分と違う発想を持つ人の数だけ視点の違う記事が出来上がると思っています。

僕たちが出来ることはここまでです。

その後は、Googleが検索意図を読み取り、検索ユーザーにとって良い答えが書かれているコンテンツを表示させるだけです。