甘っちょろい考えは叩き落とされる

アフィリエイトの世界は弱者が食われ強者が生き残るサバンナのような世界です。

情報弱者はハイエナのように、ずる賢く獰猛な金の亡者にあの手この手を使われて骨の髄までしゃぶり尽くされてしまいます。

信じられないような話ですが、胡散臭い情報商材に手を出しまくり気がつけば100万以上使ったという人を僕は知っています。

それなりにアフィリエイト歴が長いにも関わらず、稼ぎたくても稼げていない人の心理状態というものはとても細く弱いものなので、藁にもすがる思いで情報商材に希望を抱いてしまうのだと思います。

正直なところ、情報商材の世界はゴミのような商材でも数万円単位で普通に売られており、言葉巧みに心理を揺さぶって買わそうとするのが悪い販売者の常套手段です。

あの縦に長いランディングページ(販売ページ)は胡散臭さ満点なのですが、その構成が一番売れるというから不思議ですよね。

中には本物の情報商材もありますので、一概にすべてを拒否するのは間違いですが、少なくとも情報商材というものは衝動買いするような代物ではありません。

もし、衝動的に情報商材を買ってしまいそうになったときは「甘え・怠慢」だと思って気持ちを抑制して、数日は我慢してください。
それでも欲しいと思うのであれば、買った方がいいでしょう。

アフィリエイトの世界は稼いだ者勝ちと考えている人がとても多く、ブラックな手法で短期間が一気に稼ぎ上げてしまう強者もたくさんいます。

Googleのペナルティ覚悟で短期勝負のブラックSEOを施しながら、アフィリエイト報酬をつり上げることで、アフィリエイターの宣伝が一斉に始まり、良いレビュー記事が溢れかえって情報弱者が騙されてしまうのです。

マジで食うか食われるかの世界です。

食われないようにするためには、自分を強化していくしか方法はありません。

マインドの強化から始まり技術の向上、報酬の獲得を積み重ねて「自信」へと変えてください。

甘っちょろい考えでは夢物語で終わってしまいます。

とにかく人間的に強くなれ(*゚ー゚)

競争社会を生き抜くためにやるべきことは自分で考える

今この時間でも、日本中のアフィリエイターが少しでも自分を有利にするために何かしらの作業をしています。

下記の時間データは、ブログランキングのアフィリエイトジャンルに投稿されているアフィリエイターの最新記事10件です。
見て分かるように1~2時間の間に何件も新しい記事が書かれ続けています。

2018/10/10 20:30:50
2018/10/10 20:30:42
2018/10/10 20:30:16
2018/10/10 20:12:01
2018/10/10 19:24:24
2018/10/10 19:19:56
2018/10/10 19:03:27
2018/10/10 19:00:37
2018/10/10 19:00:36
2018/10/10 19:00:29

当然すべてがライバルとなる訳ではないので、それほど焦る必要もありませんが、認識しておいて欲しいのは、自分が寝ている間にすごい記事が書かれてライバルになる可能性があるかもしれないという現実です。

寝る間を惜しんで記事を書け!と言っているのではなく、競争社会で生き残るために、今出来る事って何かあるんじゃないの?と言いたい。

何が出来るのかは自分で考えるしかありません。

ライバルたちは画像を編集して、動画を駆使して、ライティングスキルをアップさせて、マーケティングテクニックを使って記事を書いています。

芸能界や営業の世界でよくある噂として「枕営業」ってのがありますよね(*‘ω‘ *)
あれも競争社会を生き抜くために、骨身を削る捨て身の戦法に違いありません。
本当に「枕営業」が存在するのかどうかも分かりませんが、多分あるでしょう。

受験シーズン全く勉強してないふりをしてライバルを安心させておいて、裏で思いっきり勉強する作戦も、競争社会を生き抜くための技です。

オリンピックのドーピング、会社間の賄賂、裏口入学、権力者による事件もみ消しなど、競争に勝つためには手段を問わない人も多いですよね。
少しでも有利に事を運びたいから何でもありの世界です。

※悪いことはしちゃ駄目です(´∀`)

インターネットの世界はGoogleが秩序を管理しているので、上記のような悪い方法は出来ませんが、皆思っている以上に何かしています。

1年後、生き残るために今何をするべきなのか。

失うものは努力に対してきっと少ない、がむしゃらに生きていこう(`・ω・´)