XMアフィリエイトをするからには、XMを使っていないと話になりません。

XMを知らないのに「XM最高!」ってどんな顔して言うんですか?って話です。

アフィリエイトをするからには、その商品のスペシャリストである事が絶対条件です。

実際に使ったことが無いと分からない経験を基に書いたレビュー記事ほど需要のある物はありません。

公式HPを見て分かる内容なんて、必要無いくらいです。

でも、使ったことも無いのによく知っている口調で書いている人、いますよね・・・

本気で使わないと分からない事

僕はかなり本気でFXに取り組んでいたので、FXに関しては詳しいです。
勝てる方法は知りませんが、知識だけはあります(;´∀`)

FXを経験したことがある人なら分かる話だと思うんですが、通貨ペアの癖って身をもって経験しないと分かりにくいと思うんです。

僕はポンドをメイン通貨に取引していました。
ポンド円とポンドドルですね。
ドル円でも無くオーストラリア円でもなく、ポンド円しか基本的に触りません。

理由はただ一つ、ボラティリティがあるからです。

ポンドはスプレッドが高いのが難点ですが、それを上回る値動きをしてくれるので、もの凄くハイレバ向きの通貨だと思うんです。
ギャンブラー向きというか、一撃必殺技が決まったときに爆益になりやすいのです。

自分と相性の良いペアだと思いますし、見れば見るほど特性を掴みやすくなりますしね。

なので、どうしてそのペアで取引してるの?って聞かれたときに僕はちゃんと説明できます。

動くときはドル円の2倍以上動く事も多いですし、レンジになるとしてもその幅が大きいので、スキャルピングもやりやすいと言うような、僕なりの理由があります。

と言うことで、僕はポンドが大好きなんですが、ドル円をメインに扱っている人も多いですよね。

どうしてドル円をメインにしているのか?
安定しているから?実際に見てみるとドル円の値動きはかなり複雑でとても初心者向けの通貨では無いと思えます。

ボラティリティも低く、値幅も小さいので扱いづらい通貨だと思うんですが、根強い人気を持っています。

ドル円を扱う人は、少しでも確実に稼ぎたい堅実タイプか、ロスカット恐怖症の人か、FXトレーダーとしては常識的な感覚を持った人たちのイメージが強いです。

実際、ポンドを扱う僕としてはドル円の値動きに魅力を感じませんし、まともに稼げる気もしません。

この辺は実際にFXをしないと分かりにくい部分だと思うんですよね。

自分のお金を入れて、恐怖を感じながら恐る恐るエントリーする楽しさというか、一喜一憂する生き甲斐的な感覚というか・・・

髪の毛一本単位まで集中して値動きを見つけていれば気付くことも多いでしょうし、少しでも確実に稼ぎたいと思うのが普通なので、いろんなペアを研究したりしますよね。

その通貨の特徴もある程度把握出来ているでしょうし、やりやすいやりにくいの理由もあるでしょう。

このように経験しないと分からない事は多いです。

XMの特徴を本当に理解してる?

僕は長年XMを使い続けてきたので、XMについてかなり詳しい方です。

もう、なんて言うか、XMの回し者状態です(´・ω・`)

XMを使っていると必ず出てくる疑問ってのがあります。

ボーナスとXMP、ZERO口座の手数料やレバレッジ管理などなど。

この辺は説明を見てもよく分かりにくい部分だと思うので、実際に経験するのが一番理解できます。

いくらXMが素晴らしいと言っても、数あるFX業者の一つに過ぎません。

ゼロカットなんてどの海外業者でもありますので、珍しくもなんともありませんし、あって当たり前の仕組みです。
ボーナスも同様ですね。

この辺のXM特有の事を書いている記事をよく見かけますが、本当に分かって書いてるのか?と思ってしまう内容の薄い記事をたまに見かけます。

ちなみに、思いっきりトレードしていると、XMPってかなり貯まります。
XMPが沢山あれば、未入金トレードで大金を狙うことも可能になります。

どれくらいのトレードをすればどれくらい貯まって、どんなトレードが出来るのか?

この辺の話は実態に貯めて未入金トレードをしないと分かりにくいですので、経験が無いと断言して書きにくいですよね。

なので、とりあえずXMを熟知することから始めるしか無いです。

経験のない人が書いた文章はすぐに分かる

文章の力ってのは凄いです。

文章一つでその人の考え方や感情まで伝わる不思議な力を持った文章に出会うことが多いです。

そういう文章の特徴は自分の体験談で書かれていることが殆どです。

経験したからこそ言えることは自信を持って言えますし、反論されても嘘はついていないので戦うことも出来ます。

でも、経験をせずに書いてしまう人は、反論されることを恐れています。
だって、戦える情報が自分の中にないのですから。

自分が正しいと思ってやっていることは正々堂々とできますが、やましい気持ちが少しでもあると、ビクビクしてしまいます。

その気持ちが文章に滲み出てしまうのですよね。

だから、記事を読んだだけで、その人の事がある程度分かったりします。
少なくとも、信用できる人なのか信用してはいけない人なのか位は判断できます。

例えば、これどうやって使うの?って道具があったとしましょう。

使い方が分からないから調べますよね?
しかも、できるだけ具体的に一個の動作単位で分かるくらい詳細に。

一番知りたいところが書かれていない!って経験ないですか?

このボタン押したらどうなるんだ!?って所を知りたくて調べてるのに、その部分省略するか?って場面です。

調べている立場からしたらガッカリします(´д`)

まぁ、こういうときは殆どYoutubeを見たりするんですがw

実際に使ったことがある人は、「商品ページだけではこの部分分かりにくかったんだよね〜」とか、ここは実際に使わないと気付かない事って多々あると思います。

僕だったら、分かりにくかったところを大々的に書きますし、痒いところに手が届くようにするはずです。

でないと、レビュー記事を書く意味が無いと思っています。

だから、経験が無いのにレビュー記事なんて書けないんです。

鬼のような妄想力のある人なら書けるかもしれませんが、僕には無理ですw